2005年09月26日

山車

image/kanbun-2005-09-26T09:51:55-1.jpgimage/kanbun-2005-09-26T09:51:56-2.jpg
23日の金曜日は、高遠町の灯籠祭がありました。
昼ごろ到着した私は、カフェを手伝おうかと準備していたのですが、渡されたのは「なかまち」と書かれたハンテン。
「行ってきて」とのことで急遽、祭りに参加し、山車を押すこととなりました。

この灯籠祭は各町内会がそれぞれ異なった衣装を纏い、お囃子をやり、山車を押します。高遠地区は面積こそ小さいのですが、多くの町内会があり、それが見た目にも楽しませてくれます。(200メートルほどの商店街だけでも5つの町内会があるそうです)
山車を押して町内を回るのですが、これがまた重い。ゆっくりと進むお囃子の後を、一つひとつのお店で商売繁盛を祝いながら進みます。
こうしてゆっくりと回ることができたおかげで、高遠のまち、人に出会うことができました。

やすし

posted by はせむら at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京周辺の暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。