2007年10月07日

シンポジウム@中尾座

こんにちは、竹内です。

遅くなりましたが、やっと一番目の記事を書きます。
失礼しました。

写真等不具合があれば、削除いたしますので、お伝えください。

================================

まずは、エコツアーの最初に、グリーン経済に関するシンポジウムが行われました。

その会場に使われたのがここ
エコツアー07中尾座概観
伊那市旧長谷村にある、歌舞伎の芝居小屋、中尾座です。

こんなところを会場にできるなんて素敵でした。
参加者も、椅子ではなく、座布団に座る感じで、雰囲気出ててよかったです。


で、シンポジウム開始。
エコツアー07シンポジウム開始

エコツアー07シンポジウムに聞き入る参加者の皆様
真剣に聞き入る参加者の皆様

はじめに、このシンポジウムの趣旨、「グリーン経済を成り立たせるための10の提言案」の説明があり、休憩となりました。


休憩中は、奈落見学したり、地元の方によるおやき・健康茶が振舞われたり。
写真は、健康茶の中身と、休憩中の参加者。

エコツアー07シンポジウム健康茶
エコツアー07シンポジウム途中休憩

写真はないけど、「奈落の底」の語源はここから来ていたんですね。
初めて知りました。

ちなみに、写真の代わりに、goo辞書による「奈落」の説明をのっけときます。

(1)〔仏〕 地獄。泥犂(ないり)。
(2)どん底。行きつく果て。
(3)劇場の舞台と花道の床下。回り舞台・せりなどの仕掛けがある。

もちろん見たのは(3)。


で、後半戦のパネルディスカッション開始。

エコツアー07パネルディスカッション

パネラーには
・写真家の津野祐次さん
・下伊那地方事務所長の田山重晴さん
・伊那市副市長の白鳥孝さん
を迎えました。

参加者や現地の方の声も少し聞き出すことができました。
この写真も残念ながらありません。

しかしながら、「長谷」という地域を感じながらの有意義な時間となり、さまざまな発見がありました。
posted by はせむら at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー07
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。